オリジナルtシャツの魅力

既製品のtシャツでは満足できないという人は、オリジナルtシャツを作成しましょう。自分の好きなデザインをプリントできるので、世界に一つだけのファッションアイテムが作れます。学校のイベントや企業のユニフォームとしても活躍するでしょう。

ポリエステルのTシャツと綿のTシャツの違いとは?

吸水性に優れた化学繊維のポリエステルTシャツ

ポリエステル自体に吸水性はありませんが、生地は汗を吸水するよう工夫が凝らされているため、汗が多い人でも安心して身に着けることができます。皺になりにくいというメリットがあるので、楽に洗濯することができるでしょう。

着心地が抜群な天然素材100パーセントの綿Tシャツ

保湿性に優れた綿素材は、着心地の良さに右に出るものはありません。素肌に直接触れるTシャツを作るなら、綿素材がおすすめです。ただし、型崩れを起こしやすいという欠点があるので、洗濯する際には十分に注意しましょう。

個性が表現できる!オリジナルTシャツを業者に依頼するメリット

婦人

オリジナルTシャツを作る方法

Tシャツ作成自体は自力でもできますが、既製品と変わらない高品質のオリジナルTシャツが欲しいのなら専門の業者に依頼しましょう。インターネットで検索すれば専門の業者は簡単に見つかるので、それぞれの業者のサービスを比較しましょう。自分で好みのデザインを作成したり大量注文することもできるので、学校のイベント用Tシャツを作ったり、スポーツの専用ユニフォームを作りましょう。

オリジナルTシャツを作成してくれる業者の選び方

インターネットでオリジナルTシャツを作成してくれる業者を見つけたら、目的に合うサービスを行っているか確認しましょう。フルカラー印刷に対応しているかといった点や、予算に合った価格であるかなど、希望するサービスが用意されているかを確認してから申し込むことが大切です。業者によっては無料で見積もりを出したり、1枚だけお試しで印刷してくれる業者などもあるので、まずは相談してみましょう。

オリジナルTシャツのプリント方法とそれぞれの特徴

シルクスクリーンプリント

シルクスクリーンはオリジナルTシャツのプリント方法として最も一般的な方法です。市販のTシャツにも採用されている方法で、どんなデザインでも美しくプリントできるというメリットがあります。蛍光塗料などインクの種類も自由に選べるので、思い通りのTシャツが作れるでしょう。

インクジェットプリント

Tシャツの生地に直接インクを吹きかけるプリント方法です。フルカラーやグラデーションなど、繊細な色合いを美しく再現できるという特徴があります。生地がごわつかないので、着心地を損なうこともありません。1枚から注文できるので、自分専用のTシャツが欲しい人におすすめのプリント方法だといえます。

カッティングプリンター

カッティングプリンターで出力したデザインを、そのままTシャツに圧縮する方法です。繊細な色は表現できず、色は単色のみとなりますが、ユニフォームの番号などを入れるには最適な方法だといえます。名前や番号など、文字デザインを印刷するのに最適です。

デジタルコピー転写

プリンターで印刷した紙に版を使い、糊をつけてTシャツの生地に圧着させる方法です。プリンターからはフルカラーで様々な色を出力できるので、グラデーションなどの細かい色合いもきれいに再現できます。フルカラーでも安くプリントできるため、費用を抑えて作成したい場合に最適な方法だといえます。

広告募集中