オリジナルプリントTシャツは業者にデザインも依頼できる!

オリジナルプリントTシャツのデザインを決めるポイント

利便性の高い無地Tシャツ

Tシャツはデザインを重視して選ぶという人も少なくありませんが、インナーとして服の下に着用している人も少なくありません。無地Tシャツであればインナーとして着用したり、組み合わせを気にすることなく他の服と一緒に着用することが可能です。

Tシャツとカットソーの違いとそれぞれの特徴

下着としても服としても着用できる・Tシャツ

Tシャツはカットソーの一種です。襟ぐりが丸く、袖を広げるとアルファベットのT字になることがその名の由来です。元は下着として利用されていましたが、現在は服として利用されています。木綿から化学繊維まで、様々な素材のTシャツが販売されています。

Tシャツからトレーナーまで様々なスタイルがある・カットソー

ニット生地をカットして縫い合わせたものをカットソーといいます。ニット生地を前後2枚つなぎ合わせたもので、Tシャツやトレーナーもカットソーの一種です。断裁されずに一つの糸で編まれているニットとは異なり、ニット生地を断裁しているという点が大きな特徴だといえます。

オリジナルプリントTシャツは業者にデザインも依頼できる!

男の人

信頼できる業者を選ぶことが大切

オリジナルプリントTシャツを作ってくれる業者は複数ありますが、作成日数や価格設定はそれぞれ異なります。時間がないのであればスピーディーに作成してくれる業者が適しているといえますが、スピードを重視するあまりに品質が落ちては意味がありません。業者の口コミなどを調べて参考にしたり、時間があるなら1枚試し刷りしてもらうなど、事前に業者が信頼できるかどうか調べてから依頼しましょう。

衣類

オリジナルプリントTシャツ注文の流れ

優良業者が見つかったら、まずは見積もりを取りましょう。枚数やオプションの有無などで価格は異なるので、完成品に合わせて見積もりを出してもらうことが大切です。見積もりが出て価格に納得したら、デザイン画を業者に送ってプリントしてもらいます。デザインを描いた用紙を送ってもいいですが、近年はデータ入稿できる業者がほとんどなので、入稿方法は業者に尋ねておくと良いでしょう。完成品が届いたら、出来栄えを確認して注文通りか確認しましょう。

女の人

デザインを決める際の注意点

プリントの方法によって、色が出しにくい場合や細かいデザインは再現できない場合があります。印刷方法に合わせて質の高いTシャツの完成を目指しましょう。デザイン画を業者に提出する際には鉛筆ではなくボールペンを使用するなど、わかりやすく描くことが大切です。曖昧なデザインでは業者も困ってしまうので、シンプルにハッキリとしたデザインを心がけましょう。

デザインが決まらない時はデザイナーのいる専門業者に相談しよう!

オリジナルプリントTシャツの専門業者の中には、専属のデザイナーを抱えているところもあります。良いデザイン案が浮かばなければ業者に依頼することができるので、デザイナーの在籍している業者を選んでおくと安心です。

広告募集中